2019年度FD/SD研修終了

9月5日、みやぎCOC+事業で取り組んできたFD/SD研修が最終回を迎えた。
これまでの4年間で、ハンズオン型も含めて69回、受講者のべ1700人あまりという、いささか常軌を逸したスケジュールで進めてきたが、結果としては10%あまりの178人の先生方が、みやぎCOC+事業のような地域協働教育のコーディネーターとして、初級レベルには達するに至った。これは、事業協働教育機関すべてに一人以上コーディネートが可能な人材が育ったということになり、事業目標の一つが達成された具合だ。

今年度のFD/SDのプログラムは以下の通り。

≫ Section1 教学マネジメントと教員・職員の役割
  日時 6月21日(金)16時20分から17時50分まで
  場所 宮城学院女子大学本館第2会議室
  内容 1. 教育の質保証と教学マネジメント
     2. 教学マネジメントに対する教員と職員の関わり
     3. 教員と専門職員の役割と連携

≫ Section2 大学と地域・企業をつなぐ連携の意味と可能性
  内容 1. 地域・企業連携の必要性とコーディネーターの役割
     2. 地域・企業と大学のコミュニケーションの実際
     3. 地域・企業連携の可能性

≫ Section3 「単位互換コア科目」プログラムの開発
  内容 事前研修「開発・設計」
      1. 授業の全体フレームの設計(講義のテーマと配置)
      2. 学生による調査活動の設計
      3. ワークの設計とファシリテーション

≫ Special Section 「単位互換コア科目」プログラムの運用
 ① 単位互換コア科目「地域の課題Ⅰ」の聴講及び参加
  内容 単位互換コア科目「地域の課題Ⅰ」の受講学生とともに授業に参加

 ② 単位互換コア科目「地域の課題Ⅱ」の聴講及び参加
  内容 単位互換コア科目「地域の課題Ⅱ」の受講学生とともに授業に参加

≫ Section4 「単位互換コア科目」プログラムの評価
  内容 事後研修「評価・ふりかえり」
      1. プレゼンテーションに対するフィードバック
      2. ふりかえりの手法
      3. 評価と検証

最終回の今回は、夏期に開催した単位互換科目「地域の課題Ⅰ・Ⅱ」の講義内で学生が実際に提出した資料をもとに、学生へのフィードバックや評価を参加者同士で意見交換する形式にした。

また、「地域の課題Ⅰ」に高校生が参加したことから、高等学校教諭の参加もあり、大学、高等専門学校、高等学校の教職員が合同で研修会を行うという形になった。

参加者からは、

  • フィードバックについて考えを深めることができた。ぜひ実践したい
  • 地域の課題ⅠとⅡの学びが、どのようにふりかえり評価されているか確認・共有できたので、参加して良かった
  • ふりかえりと評価の重要性を改めて実感することができた

等の感想があり、全員から研修会に「参加して良かった」、研修内容について「大変理解が深まった」、研修の内容を自身の業務に「取り入れたい・実践したい」との回答があった。

参加者の皆さんと、ここまでの長いFD/SDの道のりを支えてくれた事務局の皆さんに、心からの謝意を送りたい。

なお、これまでの4年間のFD/SDの活動については、事務局で報告書にとりまとめてくれているので、興味のある方はご覧ください

これまでに実施した本事業におけるFD/SD活動の推進状況についてはこちら

(Visited 25 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 学生による政策提言

  2. 大学における実務家教員について

  3. 大学全体を主体的な学びの場にするために

  4. 大学の知識と現場の知恵のスパイラルをつくる

  5. 大学と組んで課題解決に取り組む企業とそのプロセスで学ぶ学生がともに成長…

  6. 仮説検証型の思考行動特性を獲得するには成果へのコミットメントが必須

  7. シンポジウム報告:複雑で曖昧な現状から新しい将来像を描く

  8. 今年度の授業初日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Recent Posts

Archives