「学ぶ職場づくり」実践塾第5期終了

大阪産業創造館のセミナー

いつもの職場で、稼ぐチームを育てる「学ぶ職場づくり」実践塾

の第5期が終了した。

最終回は、講座の中で作成した仮説検証プロジェクトの実践結果の共有と、まとめの講義。
実践結果としては、営業キャンペーンでの業績が昨対200%を超えた事例も共有された。
また、「工場を止めてでも取り組むんだ」と、社員さんに対して覚悟を示した経営者もおられた。
それぞれの立場ごとに、なんとか会社を良くしたい、そこではたらく人の成長を支援したいという姿勢がじんじんと伝わってくる結果共有の時間となった。

まとめの講義では、仮説検証プロジェクトを進めることが社内の人や組織にどのような効果をもたらすかをふりかえった。
その上で、変化の激しい環境の中で新たなビジネスと将来の利益を生む創発的戦略と、それを生み出す組織/人材についてお話した。
講座終了後も、それぞれの会社の中で仮説検証プロジェクトがどんどん生まれ、学び、新たな価値を生み出す環境が強化されることを願ってやまない。

来年度は、戦略講座とあわせて、創発的戦略を軸にした講座に再編することを大阪産業創造館に提案中。
どのような形になるかは大阪産業創造館のご判断次第だが、なんとか実現させたいと願っている。

(Visited 21 times, 1 visits today)

関連記事

  1. ディープ・アクティブラーニングにおける複雑性の活用

  2. コーディネーター研修の締めくくりは受講生とプログラムの評価

  3. 講演録:大学は地(知)の拠点になっているのか

  4. ひとつの科目をとことん分析するFD/SD研修

  5. ビジネスモデルの研修会

  6. 高校生が地域課題に取り組むと大人は本気にならざるを得ない

  7. 地域商社は「ならでは」を生かしてこそ

  8. 複雑適応系から見るコーディネート理論1:社会を複雑適応系として捉えてハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Recent Posts

Archives