「学ぶ職場」のためのプロジェクト設計。誰を育てれば職場が変わる?

今日は大阪産業創造館主催の

【経営ゼミ】継続して成果を上げるための「学習する組織」構築講座

の4回目。

これまで学んだ、経験学習とアクティブ・ラーニングの基礎知識や手法を元に、「学ぶ職場」に育つための具体的なプロジェクトを設計するのが今回のテーマ。

「学ぶ職場」作りの観点から言えば、

誰を育成対象とすれば職場全体のポテンシャルが上がるか

がとても重要。

その人の成長を意識して日常業務をプロジェクト化し、適切な振り返りを支援することで、その人だけではなく周囲の人や組織全体が、経験から学ぶ力を高めていく。

後は3月の成果報告会に向けて実行あるのみ。
その間はメールでのサポートが中心になるが、受講された皆さんの会社が、自分たち自身で進化できる会社になれるように精一杯のことをさせていただくつもりだ。

(Visited 7 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 高校生向け講義:研究課題と地域課題

  2. コーディネーターは事業者自身が頭を整理できる問いを発する

  3. 学びの変革への道は長い。キャリア教育もはじめは小さな一歩から

  4. 「きたかみ世界塾」最終報告会

  5. 地域の戦略を変える方法を学ぶ「地域イノベーター留学」

  6. 事業創造に取り組む経営者の生態系を大学が育てられたら

  7. 経営者の孤独に寄り添えるコーディネーターでいたい、いてほしい

  8. シンポジウム報告:複雑で曖昧な現状から新しい将来像を描く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Recent Posts

Archives