体育会学生の企業研究会

2018年2月10日。
西粟倉からの帰途、大阪に立ち寄り、【体育会学生向け就活スタートアップセミナーin大阪】というイベントを見学。

関西地区の体育会学生が300人以上も集まる企業研究会というのがどのようなものか、雰囲気を感じてみたくてでかけたのだが

いや、なんというか・・・ごつい!

いや、つまりパワーが溢れ出している感じ。
こうなると企業側も負けないパワーが必要になる。

「つかみ」のぷれぜんてーしょんで、しっかり学生を惹きつけられる企業とそうでない企業で、その先の採用の難しさも変わってくるだろう。
もちろん一般的な企業研究会や説明会でも同様なのだが、今回はそれがものすごくはっきり表に出ていたように思う。

仙台で企業研究会や説明会を実施するときには、企業さま向けの事前セミナーが必要だなと思う。
次年度の計画の中に入れておこう。

(Visited 5 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 将来の利益に向けた事業承継セミナー

  2. 地域企業の課題に取り組む方が地域へのアプローチとしては正攻法

  3. 直売所でオープンブックマネジメント

  4. 「学ぶ職場」のためのプロジェクト設計。誰を育てれば職場が変わる?

  5. 地域で学ぶということは複雑な文脈の上で知をつくること

  6. 地域コーディネーター養成講座とインターンシップフェア

  7. 経営課題はと問われて外部環境をあげていては解決にはつながらない

  8. 企業の経営革新と地域の革新を促進するコーディネーターを増やす

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Recent Posts

Archives