南三陸から戻って疲れを癒やす暇もなく、盛岡にて、岩手県立大学様のお招きで

企業と大学のためのインターンシップ研修会
企業に、学生に効く! インターンシップが持つ本当の力

と題して、文部科学省事業「産業界のニーズに対応した教育・充実体制整備事業(インターンシップ等の取組み拡大)」の研修会をさせていただいた。

この事業は、産業界のニーズを基準軸として、大学の教育カリキュラムをどのように進化させるかを考えるもの。
従って、教学部門が取り組むことが本来求められている。

しかし、多くの大学ではキャリアセンターが中心になって、

現在の企業のニーズに学生を合わせるための取り組み

というレベルで止まっているのが実情。

その時点で、この事業は「負け」

という、ひどい発言で場を冷却してからの研修スタート。

今回、インターンシップがテーマになっているが、キャリアセンターが主体となるとどうしても就職に直接結びつくインターンシップを考えてしまう。

そうではなく、産業界の将来のニーズ、言い換えれば

新たな事業を生み出しうる人材の育成

を意識したプログラムを作ってこそ、初めて知の拠点である大学の価値がある。
従って、インターンシップも、就労体験ではなく、企業の将来ビジョンに向けた課題解決型のものを設計し、その中で

試行錯誤を繰り返しながら仮説検証型の思考行動特性

を獲得できるようなものである必要がある。
それでこそ、学部教育の根幹と結びつき、大学教育自体の改革につながる。

このようなセンスで話を進め、実践型インターンシップの意味やコーディネートの手法、その中核となるプロジェクト(企業ごとの個別プログラム)設計の手法についてお伝えし、実際に参加企業を題材に簡単な設計まで行っていただいた。

わずか数時間の研修だったが、参加者の皆さんの飲み込みは早く、また、ワークショップを担当してくれた一般社団法人ワカツクの渡辺一馬代表のすばらしいファシリテーションのおかげもあって、終了時には、ほぼそのまま使えそうなインプロジェクトができあがっていた。

ずいぶん「上から目線」の発言を繰り返したことを、この場を借りてお詫びしつつ、今後の発展を願うばかりだ。