失敗とは

大学等で若者の世ぷすを見る機会が多い中で、良きにつけ悪しきにつけ様々な気付きが得られる。
その一つが、「失敗」について。

「失敗」という言葉が持つニュアンスがネガティブなせいか、多くの学生が「失敗」を回避しようとするのが見て取れる。
もっと言えば、

失敗のないもっとも効率的な方法

があると信じ、それを誰かから教わろうとしている。

そこには、

世の中には定まった正解があり、そこに向かうステップを無駄なく踏むことがもっとも効率的で望ましいこと

という価値観が感じられる(もちろんこれは私の主観)。

しかし、世の中には正解がいくつもあったり、正解がどうにもわからなかったり、場合によっては正解を求めることが望ましいことではない、ということもありうる。
そのような中で、自分自身で納得できる解を求めて絵仮説検証を繰り返す、言い換えれば、「自ら知を生み出す」ということが本当はとても大事なことなのではなかろうか。

その大事でとても面倒くさい取り組みからの逃げとして、理解しやすい、簡単な正解を求め、それを正当化してはいないか

という問いを大人がもっと発するべきなのかもしれない。

我々は、何らかの行動の結果が思わしくない時「失敗」という言葉を使う
しかし、仮説のある「失敗」は「仮説が棄却された」だけのことであり、予想外の「失敗」は「新たな条件の発見」である。
それはどちらも「知の創造」へのもっとも適切な道のりであり、本質的にはもっとも効率的な行為であるといえる。

本当の「失敗」は、そこからなんの改善もしなかった場合、またはそもそも何もしない場合、やったふりだけをした場合。
もっとも効率的な生き方を求めて、結果としてもっとも非効率な生き方を選んでいるという皮肉に、若いうちに気づける人はそう多くはない。
教壇に立つ身としては、たとえ嫌われようと伝え続けなくてはならないことだなと感じている。

・・と、雑感でした。

(Visited 5 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 良い会社を見極める材料を大学は学生に提供しているのか?

  2. 未来を描くから課題は生まれ、活かすべき資源も見いだされる

  3. 若者は正解を探さずに楽しんで事業に取り組み、大人は何が起こっても最終責…

  4. 新年にあたり向こう4年の自分の役割を考えてみる

  5. 講座の設計は堅い構造と変幻自在な見せ方の組み合わせ

  6. 大学における実務家教員について

  7. 地域若者チャレンジ大賞2015の審査を振り返る(長文)

  8. COC+採択に対する個人的な見解(大学の見解ではありません)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Calender

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Popular Posts

Latest Tweets