注目の記事 PICK UP!

現場で「思考実験」してしまう人は、「お客様をハッピーにする」ことに意識を集中させよう

今日は、仙台市内の旅行会社で実習中の学生の中間報告会。

外国人利用者を増やすためのWebサービズを改善するというのが彼女たちのミッション。
そのために外国人旅行者へのインタビューを実施した経過を報告した。

まず驚いたのが、

仮説を七つ設定

したという点。

3週間ほどのプロジェクトで設定するにしては多すぎる。
ということは、ちゃんとした仮説設定ではなく、「疑問を並べただけの可能性はないのか?」という疑問が生じる。
また、それらの仮説を検証するためのインタビューになっていたかどうかという点も少し厳しいのではないかと思う。
七つの仮説を検証するようなインタビュー項目って創るだけでも大変だし、ちゃんと聞こうと思ったらかなり時間も必要だろう。

ということで、

しっかりした仮説をひとつだけ検証すること

に集中してはどうかとアドバイスしてきた。

2016-08-29 16.51.31

こうなる原因のひとつは、今回の実習生たちが優秀、というか頭が良いというところにある。
「現実を頭のなかで再構築したもの」を相手にしてしまっている。
現場にいるのに「思考実験」をしているような状況だ。
ここから脱出する方法は、実はそれほど難しいことではない。

意識を「お客様をハッピーにする」という方向に切り替えれば良い。

そうすれば、思考や行動の優先順位も明確になって、絞り込んだ行動が取れるから成果も出やすい。

残りの期間、相当悩みそうな予感。
それはそれで楽しみなことだ。

 

(Visited 81 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 地域若者チャレンジ大賞2015の審査を振り返る(長文)

  2. 事象を解釈するための視点を定める授業

  3. 地域コミュニティの脱構築の担い手は育つか

  4. 久しぶりのインターンコーディネート現場

  5. 人との関わりの中で、情報をつなぐ「結合の手」が成長する

  6. 大学の知識と現場の知恵のスパイラルをつくる

  7. 地域企業の課題解決に取り組むことが地域の課題解決につながる

  8. 講座の設計は堅い構造と変幻自在な見せ方の組み合わせ

  9. 「震災と復興」いよいよ大詰め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Calender

2016年8月
« 4月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Popular Posts

Latest Tweets

PAGE TOP