注目の記事 PICK UP!

頭の中で情報のネットワークを編み直すことで知を生み出す

今日は、NPO法人ETIC.が提供する地域イノベーター留学のワークショップ最終回。

これは、主に首都圏の社会人が様々な地域の中小企業の課題解決に取り組みつつ、地域と企業の関係性を編み直す。その家庭で、参加者自身が、様々な地域で革新的な活動を生み出す力を高めようというプログラムだ。

およそ4ヶ月にわたるこのプログラムもいよいよ、各地の受入企業で見いだした課題に対して解決のための具体的なアプローチをまとめるフェーズ。
各チームとも、最初に与えられた「お題」に対して、自ら現地で実際に見聞きした事柄をもとに自分たち自身で「本当の課題」を追究して、解決の提案を考えてきた。
今日のワークショップでは、その「本当の課題」設定が的を射たものであるか否かを、三人のメンターが徹底して問い詰めることに時間の大半を使った。

 

2016-01-24 18.27.53

 

その結果として、またしても位置から考え直す必要に迫られたチームもある。
そこから課題解決提案を作り込むには相当なエネルギーが必要になるが、これまでの現地でのフィールドワークやワークショップでのインプットを何度も咀嚼し十分に発酵させることで、よりよい解決提案が「思い浮かぶ」ようになる。

それは単なる思いつきではなく、何度も何度も既有の情報の間の関係性を編み直す中で、あるとき適切な情報ネットワーク、すなわち知識として生み出されたものだ。これがいわゆるアブダクション(仮説的推論)につながるのだ。

2016-01-24 18.27.39

その産みの苦しみがこれから二週間ほど続く。
この先、我々メンター陣にできることは実際のところ何もない。ただ見守るだけ。

最終報告会は2月7日。
それまで、精一杯編み直しが進むことを期待している。

 

(Visited 53 times, 1 visits today)

関連記事

  1. On the Job Learningの導入

  2. どれだけ相手の想いに寄り添える提案ができるか

  3. 戦略的な大学職員を育てるためのSD研修

  4. 高校での学びを仮説検証型の批判的アプローチへ

  5. アクティブ・ラーニングにおいて大学教員に必要なのは「話芸」ではなく、「知を創る人」としての問い

  6. 考え方を変えれば、企業と学生の双方に価値のあるインターンシップの設計はみんなできるようになる

  7. 大学全体を主体的な学びの場にするために

  8. 教職員と学生の協働による研修

  9. 第1回COC+推進コーディネーター養成講座を開催

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Calender

2016年1月
« 12月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Popular Posts

Latest Tweets

PAGE TOP