注目の記事 PICK UP!

高校生が地域課題に取り組むと大人は本気にならざるを得ない

今日は北上市で、高校の先生方と市職員の皆さんに向けた研修会。

北上市では、今年度、県立黒沢尻北高校と北上市役所が連携して、「きたかみ世界塾」というプログラムを進めている。
これは、黒沢尻北高校の1年生が地域課題に対する自分たちなりの解決策を考えるというもので、2年次以降の実践も視野に入れたもの。
ここに、若手市職員がメンターとして関わることで、彼ら自身も「まちづくりのプロ」へ脱皮を図るというものだ。

全体をコーディネートするのは、NPO法人いわてNPO-NETサポートの菊池さん。
別にキャリア教育の専門家でもないが、全体設計からコーディネートまで非の打ち所のない活躍ぶり。

その中で私がいただいた役割は、

  1. プログラム設計のお手伝い(ほとんど必要なかったが)
  2. 関わる先生方や市職員の皆さんに対する研修

の二点。

DSC_0656

特に、今回は、生徒さんたちが夏休みの間に検証してきた「まちの課題」に対して、教員と市職員がそれぞれどのようなサポートをすれば、生徒たちの主体的な学びが進み、後半の課題解決提案につながるかというのが研修テーマ。

もちろん、こちらはそれなりに効果的だと思われる解は持っているのだが、せっかく全体をアクティブ・ラーニングで進めているので、大人も主体的に学べるようにお手伝いしたいところ。
そのために、今回私からは

教員は○○のプロ。市職員は○○のプロ。

という「虫食い問題」を最初に出し、それぞれの立場を定義していただいた後、どのような関わりをするのがよいか、どのような問いを立てるのが効果的であるかについて、実際の生徒たちのアウトプットを見ながら考えていただいた。

11892313_887365124682867_2663636942122543226_o

教員と市職員がそんなテーマでディスカッションすること自体が、世の中でもまれなこと。
そこから、生徒たちに対してそれぞれの強みを生かしたアプローチを試みて、その結果を検証する。
大人の側が深く学ぼうという意欲があるなら、生徒たちの学びが深くなるのは必然。

11月初旬で一区切りを迎えるこのプログラム。
どのような学びが展開されるのか、とても楽しみだ。

(Visited 68 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 「学ぶ職場」のためのプロジェクト設計。誰を育てれば職場が変わる?

  2. 地域企業に創発型戦略を生み出す仕組みを作るプログラム

  3. 地域イノベーター留学社会人版修了報告会

  4. 日報は職場内の対話のツール

  5. 地域の未来をつくる経営者コミュニティをつくるツールとしてのインターンシップ

  6. アクティブ・ラーニングは単独の科目や授業の話ではなくカリキュラム設計の話

  7. 権限委譲と面談の組み合わせが部下を育てる

  8. 直売所でオープンブックマネジメント

  9. 「明日の利益」のために稼ぐチームを育てる

コメント

    • せかいの
    • 2015年 9月 08日

    興味深い記事でした。
    高校生が、地域にコミットする事例が全国で続々とでてきています。
    http://futurecenternews.jp/shimada-fc-2305.html

      • wenli
      • 2015年 10月 30日

      せかいのさま

      コメント&情報ありがとうございます。

      大学はなくとも高校のある地域は数多くありますので、地域が高校生の学びの場になることで、大人たちが自らの地域の課題を解決できるようになる可能性は結構あるのかなと思います。
      あとは、高校生を地域につなぎ止めようという「色気」をどれだけ脇に置けるかの勝負かなと感じています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calender

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Popular Posts

Latest Tweets

PAGE TOP