注目の記事 PICK UP!

いつもの職場で、稼ぐチームを育てる!「学ぶ職場づくり」実践塾

大阪産業創造館主催の連続講座

【経営者ワークショップ】いつもの職場で、稼ぐチームを育てる!「学ぶ職場づくり」実践塾

がスタートした。
4月に開催された稼ぐチームを育てる「学ぶ職場」のつくりかた の実践編だ。

1 利益を出し続ける会社になるために

この講座は、意図して継続的に利益を出し続ける会社になるために、

  1. ひとりひとりの社員様が利益責任と利益の出し方を理解する
  2. チームとして利益を出すための工夫改善をする

状態を目指すもの。

「利益の出し方」については、様々な教科書に書かれているが、それはいわゆる「一般解」。
個別の企業の個別の状況に適用して初めて意味を持つ。
ましてや、「将来の利益」を生み出す、言い換えれば新たな事業を生み出す方法は、本当に各企業事にばらばら。
いずれにしても、それぞれの企業の現場にいる人達の仮説検証が必要で、職場全体としてそれを良しとする社内風土を作っていかなければならない。

2 チームが成長する三つの原則

第一回の今回は、「稼ぐチーム」と「学ぶ職場」の定義をした上で

チームが成長する三つの原則

  1. 多様な人との相互作用の場を作る
  2. 認知的コンフリクト・・すでに持っている知識やスキルだけでは対応できない状況を作る
  3. 信頼性の高い迅速なフィードバックを提供しあう

について説明をして、最後に形成的評価としてのマネージャーからの問いについて、いつもの

  • 何が言いたいねん?
  • ほんまか?
  • なんでやねん
  • で、どうすんねん?

を最後にご紹介した。

次回は、アクティブラーニングと経験学習についての知識を紹介した上で、形成的評価の手法としての日報についての講義をする予定。

昨年に引き続き、今年も意欲的な企業様ばかりがご参加。
最初からワークの中に面白さがにじみ出ている。
三ヶ月後にどのような結果を出しているか、とても楽しみだ。

(Visited 21 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 「産業界ニーズ」事業で就職支援をしていては「負け」です!ではどうすればよい?

  2. 地域の経営者の「本気」を引き出すのがインターンシップ・コーディネーターの第一の役割

  3. 企業の経営革新と地域の革新を促進するコーディネーターを増やす

  4. 統計もどきにだまされないために!

  5. 日報は職場内の対話のツール

  6. 地域のコーディネーターが技やノウハウを共有する「戦略会議」

  7. 経営者の孤独に寄り添えるコーディネーターでいたい、いてほしい

  8. 経営革新に取り組む過程で若者が成長する、それが実践型インターンシップ

  9. 地域の未来をつくる経営者コミュニティをつくるツールとしてのインターンシップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calender

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Popular Posts

Latest Tweets

PAGE TOP