注目の記事 PICK UP!

ディープ・アクティブラーニングにおける複雑性の活用

昨年末に執筆していた論文が、東北学院大学教育研究所の論集に掲載された。

レフリーなしなので本当に論文と言ってよいかどうかは微妙だが、中身はしっかり書き込んだつもりだ。

テーマは、ディープ・アクティブラーニングが起こるようなラーニングコミュニティを作るための場の設定とマネジメントの手法。
これらを複雑適応系の考え方を元に考察した。

図1

結論だけ書くと、場の設計としてカリキュラム設計があり、その中で、局所的な相互作用、認知的コンフリクト、変容的評価の三つを活用する(Harnessing)ことで、ラーニングコミュニティが創発されるというものだ。

これは授業形態を論じるものではなく、より深い意図を持ったアクティブラーニングの実践を促すものだと考えている。

異論もあることと思う。
ぜひ、そのあたりはご教示いただきたい。

論文のダウンロードは >> こちら

(Visited 114 times, 1 visits today)

関連記事

  1. 学習コミュニティとしての地域を変える大学の役割

  2. 他人の理論に基づいたプログラムの実践はできない

  3. 中小企業に経営革新のエンジンをインストールする試み

  4. 地域活性化をシステム論として考える

  5. 学習コミュニティの変容をもたらしてこそアクティブラーニングは意味がある

  6. 未来を描くから課題は生まれ、活かすべき資源も見いだされる

  7. 複雑適応系から見るコーディネート理論1:社会を複雑適応系として捉えてハーネシングする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Calender

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Popular Posts

Latest Tweets

PAGE TOP